レンタルサーバーのip分散

レンタルサーバーをip分散数で選ぶなら、最大分散数をチェックしておきましょう。
「最大で何サーバーに分散可能なのか?」「ip分散アドレスは自己選択が可能なのか?」「海外サーバーにも対応しているのか?」などなど。

 

最近の検索エンジンは賢くなっており、小手先のSEO対策が通用しなくなってきています。
相互・被リンクの効果を最大限に生かすためには、クラスCレベルのip分散が必要となるのです。
クラスC未満の分散だと、SEO効果が極端に低くなってしまうわけです。

 

しかし、クラスCレベルでの分散には多大な労力・時間がかかるため、SEO対策、アフィリエイトをするならば、ip分散を自動的に行ってくれるレンタルサーバーを選ぶべきなのです。
1アカウントで複数サーバーに対応したレンタルサーバーならば、手間・労力を大幅に解消できます。

 

Googleで上位表示させるためには、Cレベル以上での分散が非常に重要となります。
ipを分散することで被リンクの効果は飛躍的に高まり、検索エンジンの上位表示が可能となるのです。

 

ip分散のレンタルサーバーを選ぶときは、1ipあたりの単価にも着目する必要があります。
分散数が多くなるほどレンタル料は高額になるため、より1ipの単価は重要となります。
単価は国内ipと海外ipで異なっていることも多いため、サーバー比較では同一条件での比較が必要でしょう。
また、データ管理のシステムにも着目し、万が一のときにバックアップできるかどうかを確かめておきましょう。