レンタルサーバーのセキュリティ対策

いつ何時どういう経路でウイルスがパソコンやサーバーに紛れ込んでしまうかわからないのは、脅威です。
このため、レンタルサーバーでもセキュリティ面での利用規約をしっかり設けています。
万が一あなたが使用しているコンピュータからウイルスがレンタルサーバーに伝染してしまった場合でも、セキュリティソフトを利用していたかいなかっただけで話が違ってきます。
何の対策も行っておらず、不注意でウイルスに感染したのが明らかであれば、レンタルサーバー側から損害賠償を請求されても文句はいえないのです。
ほとんどの場合、ウイルスはメールによって感染します。
怪しいメールを開かなければ感染から逃れることも可能なのですが、多くの人はメールを開封してしかも中のリンクをクリックしてしまったりするので大変な事態になってしまうのです。
もちろん、無差別に攻撃するためのウイルスメールですから、言葉巧みにメールを開くように、リンクをクリックするように仕掛けられているのです。
が、これだけ世間で話題になっていることですから、最大限の注意を払っておくべきです。
最悪なのは、本人も気づかぬうちにメールでつながっている人にウイルスを感染させてしまうことです。
ひとたびウイルスに感染すると、パソコンに登録されたメールアドレスにも同じウイルスメールが配信されます。
風邪のウイルス同様、自分が感染させたと気づかぬままに世間に拡散してしまうのです。
できるだけの対策をするには、まずウイルスチェックツールを導入して定期的にウイルスチェックを行うことです。
レンタルサーバーを選ぶときにも、ウイルス対策をどのように行っているかは必須のチェックポイントです。