レンタルサーバーとウイルス被害

レンタルサーバーでは、世界中からのウイルス攻撃などから身を守るためのセキュリティ対策が日々行われています。
その一方で、利用者のセキュリティを助けてくれるレンタルサーバーもあります。
例えば、スパムメールのチェックをはじめとしたウイルスチェックなどなどが一般的です。
有料で、ウイルスチェックソフトを利用できるところもあります。
年々、大企業でもウイルス攻撃されたというニュースが増えてきています。
個人のPCやホームページがウイルスによって破壊されたなら、残念という程度で済みます。
しかし、ビジネスで使用しているレンタルサーバーを通してウイルス侵入されたら、顧客やレンタルサーバーを共用している他の利用者に迷惑がかかってしまう可能性が高いです。
このため、念のためと考えてウイルス防御に積極的なレンタルサーバーを選んでいる人もいます。
逆に、共用のレンタルサーバーを使っていて、他の利用者からウイルスを蔓延されてしまうこともあります。
コンピュータウイルスは気づいたときにはアウトということが多いので、慎重に慎重を重ねて対策しておきたいところです。
自分も被害を受けたのに、他人からも損害賠償を請求されたりしては洒落になりません。
ウイルス対策は、徹底して行うようにしましょう。