ip分散サーバーのseo効果

すでに、IP分散の効果を感じている人は増えつつあるようです。
これまでのSEO対策と同じように、誰もが高い効果を簡単に実感できるとは限りません。

 

しかし、正しい方法でIP分散をすることで効果が上がり、
また現在の検索アルゴリズムに対応するにはIP分散が欠かせないことがわかるはずです。

 

Googleでは、クラスC以上のIPアドレスが分散されたサイト以外は、
同一IPによるサイトとみなされてしまう危険があります。

 

検索上位表示されないだけでなく、
スパムサイトと判断されて
永遠に検索結果に表示されなくなってしまう対応もとられかねないのです。

 

 

Googleでこのような措置をとっているということは、
当然Yahoo!でも類似したアルゴリズムを採用しているはずです。

 

いずれの検索サイトでも有人と無人でのサイトチェックが行われているのですが、
有人でのチェックですらサイト内容の有益性という判断はグレーです。

 

そのため、確実性を求めてSEO対策をするのであれば、
IP分散をしてとにかく検索結果に表示されるのが優先事項となります。

 

効果があるかないかを考えるよりも、
他に効率の良いSEO対策がないということも頭に入れておかねばなりません。

 

始めてみると、IP分散も奥が深いことがわかります。
自社のサイトにどんなIP分散法が向いているかも、つかめてきますよ。

 

 

 

アフィリエイトのSEO対策としてサテライトサイトを利用するとき、
欠かせなくなってきているのがIP分散サーバーの存在です。

 

すでにGoogleでは、クラスCまでの同一IPアドレスによる
外部リンクを1つのリンクとしてしか評価しないと宣言しています。

 

これまでは自社でサテライトサイトを作成して
メインサイトへの被リンクを張っていたSEO対策が、
水の泡になってしまうことになります。

 

代わるSEO手段としては、
サイト内容を充実させて被リンクを増やすか、
別の被リンクを量産する方法を探すしかありません。

 

ところが、アフィリエイトサイトでいくら内容を充実させようとしても、
類似サイトから飛びぬけるのは困難です。

 

そこで従来からの被リンク量産型SEO対策を応用させたのが、
IP分散サーバーを利用したSEOです。

 

量産タイプの被リンクを別の形で作り続けても、
結局はまた検索エンジンのアルゴリズムを改変されて
努力が無効になってしまうのではないかという懸念もあるかもしれません。

 

しかし、一方で被リンクの数が検索順位に反映されるシステムは依然として続いています。

 

少しでも有効な方法を試さないのは、
並み居るアフィリエイトサイト達との競合を放棄しているようなものです。

 

今までのSEO対策が効かなくなってきたと感じている方は、
IP分散サーバーでのSEO対策をまずは試してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

なるべく費用をかけずにSEO対策をしようとするなら、
従来では無料ブログなどを利用して
サテライトサイトを大量生産するのが当たり前の方法でした。

 

この方法を多くのサイト運営者が採用したために、
検索サイトにはあふれんばかりのアフィリエイトサイトが露出しています。

 

どのサイトも似たような内容で、
最悪なケースではリンク画像だけが張ってあるというサイトも見かけます。

 

 

このような状態を危惧した検索サイトでは、
新たな検索アルゴリズムを開発しました。

 

クラスC以上のIPアドレスが共通のサイトは、
同一と判断するという仕組みです。

 

IPアドレスは4つのブロックに区切られており、
左から順にABCDとクラス分けされています。

 

クラスC以上というのは、IPアドレスの左から3つ目までの区切りを指します。

 

クラスDまで同一のIPは存在しないか、存在しても当然無効です。

 

 

サイト運営者にとっては、
クラスC以上のIPを分散させねばならないのは
手厳しいと思うかもしれません。

 

しかし逆に考えれば、
クラスC以上のIP分散さえ出来ていれば
検索アルゴリズムはスルーできるのです。

 

このIP分散さえしないサイトは、
検索結果で非表示にされてしまう措置もとられています。

 

まずはクラスC以上のIP分散を行えば、
SEO効果は確実にありということになります。

 

 

 

IP分散をして、
どのくらいのSEO効果が出るのかは気になるところです。

 

すでにIP分散がSEO対策に不可欠であるらしきことは
周知の事実になってきましたが、
実際に高い効果を上げているという報告は
まだまだ秘められているかもしれません。

 

肝心なのは、
従来のSEO対策では全く効果がなくなりそうだという点です。

 

これまでのSEO対策といえば、
サテライトサイトを作って無造作に被リンクを増やすという方法が主流でした。

 

IP分散も被リンクを増やすのには変わりありませんが、
最新の検索アルゴリズムには対応しています。

 

それは、同一のIPからの被リンクは、1つとみなすというアルゴリズムです。

 

つまりIPを分散させない限り、
これまで量産してきたようなサテライトサイトの被リンクは無効になってしまうというわけです。

 

今までしてきたSEO対策が効かないのなら、
新しい対策をとるしかありません。

 

その新しい対策が、IP分散というSEO対策なのです。

 

IP分散を行っても、
また新しい検索アルゴリズムが開発されて
努力が無駄になってしまうなどと思うのは気が早い話です。

 

現状で効果を上げている人もいる以上、
IP分散を試してみない手はありません。

 

手間がかかるのが面倒と思うかもしれませんが、
サーバー業者がIP分散に適したサービスを提供し始めているので利用価値大です。