ip分散サーバーを使うメリット

誰もが簡単にブログやWEBサイトを作れる時代となり、
検索サイトで調べものをしようと思っても
目的の結果をなかなか得られないというストレスが増えるようになりました。

 

そもそも検索結果の上位に表示されるには、
検索キーワードに関する内容で多くのユーザーから支持されている実績が必要なのです。

 

その実績を測る基準となるのが、被リンク数です。

 

他のサイトから被リンクを張られておすすめされているほど、
評価の高いサイトであるなら上位表示してもよいと判断されるわけです。

 

 

しかし被リンクを無闇に捏造するサイトが増えてきたことから、
検索結果の信憑性が薄れてきました。

 

そこで検索サイトで採用し始めたのが、
同一のipアドレスからの被リンクの無効化です。

 

同一サーバー内のipから大量の被リンクをし続けているサイトは、
警告を受けて排除されてしまうこともあります。

 

これに対抗するには、
サイト内容を充実させるのと同時にipアドレスを分散させるのが得策です。

 

ip分散できるサーバーをレンタルすれば、
より有効な被リンクを増やすことができます。

 

ただこの方法でも、
いずれは検索サイトのアルゴリズム変更によってはじかれてしまう可能性もあります。

 

そのため、ip分散サーバーを利用することに甘んじず、
サイト内容の充実度にもチェックを厳しくしていくことが不可欠です。

 

 

 

ip分散サーバーはマルチドメイン機能がある

複数のIPアドレスを所有することができるIP分散サーバーが、
SEO対策のために話題となっています。

 

通常は1つのドメインからIPアドレスの分散を図るのが一般的ですが、
それでは限界があります。

 

同じドメインからのサテライトサイトでは、
いつ検索エンジンに低い評価をつけられてしまうかという不安も否めませんね。

 

さらに有効な被リンクを増やせるIPアドレスを獲得したいと思ったら、
ドメインを増やしてのIP分散がより効果的です。

 

 

マルチドメインを使用すると、
1つのホームページを異なるドメインのURLで表示することができます。

 

これにより、
ドメイン別にわざわざ新しいホームページを作成する必要がなくなります。

 

 

サテライトサイトを量産したい場合には、
時間と手間を省略するのに非常に便利です。

 

正に、SEO対策に効率と効果を上げてくれる手段といってよいでしょう。

 

 

現在では、
IP分散サーバーをSEO対策に利用するのは当たり前のようになり、
さらに進んだ対策法としてマルチドメインの利用が注目されています。

 

 

レンタルサーバー業者も、
IP分散を推奨するだけでなく
マルチドメイン対応をするところが増えてきました。

 

すでにIP分散サーバーの利用料金は手頃になってきていますから、
マルチドメイン対応のオプションもますます身近になってくるでしょう。

 

 

 

ip分散サーバーの評判を見てみよう

より効果的なSEO対策を探している方なら、
もうIP分散サーバーの利用が不可欠と感じていることでしょう。

 

レンタルサーバー各社でも、IP分散のサービス提供が主流になってきました。

 

多くのサーバー業者がIP分散サーバーを取り扱う中、
それぞれの評判が気になるところです。

 

人気のあるIP分散サーバーについて、
実際に利用した人の評価を見てみましょう。

 

 

IP分散サーバーの最大手といわれているのが、
123サーバーです。

 

シングルドメインで最大1000IP、
マルチドメインで最大700IPと大量にIPアドレスを所有できるメリットがありますが、
海外サーバーを利用していることから
国内サーバーよりはデータのアップロードに時間がかかる点を指摘する人もいるようです。

 

 

ABCサーバーとA2Zサーバーは、
容量1GBにつき50IPか100IPずつ設定できるプランがある点で共通です。

 

サービスが類似しているだけに、
料金の点で比較するとややお得なA2Zサーバーに軍配が上がるようです。

 

 

自由度の高さで高評価を得ているのが、若葉サーバーです。

 

国内サーバー、海外サーバー、海外マルチドメインサーバーもあり、
いつでも自分で自由にサーバーを変えられるのです。

 

IPアドレスの数が500まで小刻みに選べるプランが用意されているのも、
特徴的です。