ip分散のチェック方法

GoogleやYahoo!などの検索アルゴリズムは、日々進化しています。
特に近年膨大に増えた内容が薄い類似アフィリエイトサイトは、
検索結果の上位表示が懸念されています。

 

ユーザーにとってもっと有益なサイトが、
検索下位になってしまう可能性が高いからです。
検索をしたユーザーが満足のいく結果を得られなければ、
その検索サイトは見捨てられてしまうでしょう。

 

それでは、検索サイトもビジネスが成り立ちません。
慈善事業のために、
検索結果の有益性を高めようというわけではないのです。

 

検索サイトにとってもユーザーにとっても有益なサイトであれば、
アフィリエイトサイトが悪いということはありません。

 

要は、検索アルゴリズムに良質なサイトと判断されればよいのです。

 

 

検索サルゴリズムは、無人ロボットだけが仕組みを埋め込まれて
サイトの振り分けを行っていると思っている人もいるかもしれません。

 

しかし、GoogleでもYahoo!でも、
かなり大量なスタッフを使って目視のサイトチェックを行っています。

 

目視でのチェックで類似性の高いアフィリエイトサイトが出てきたら、
最終的な判断にはIPが決め手になる可能性があります。

 

クラスC以上で分散されていることは、最低条件のはずです。

 

このように、有人でのサイトチェックにおいても、
IP分散していることは有効と考えられるのです。

 

 

 

IP分散してサテライトサイトを作っても、
被リンクが細かくチェックされてしまっては
検索上位に表示される可能性が薄くなるのではと思われがちです。

 

検索サイトでのスタッフによる目視チェックを心配しているのであれば、
それほど不安になることはありません。

 

基本的には、ほとんどのサイトがIP分散されていて有害性がないと判断されれば、
検索表示されます。

 

スタッフの目視チェックが入るようなサイトは、
手厚く保護される大手の営業案件か、
逆に何らかの問題があるとロボットに判断されたサイトです。

 

もしも自社サイトの被リンクまでチェックされて
検索結果からはじかれるのではないかと恐れているのであれば、
サイト内容の充実を図ることをおすすめします。

 

ロボットによるふるいわけは、
そもそも被リンクやサイト内容の信憑性にまで
正確な判断を下すことができないのです。

 

だからこそ、検索サイト側でも
不正なサイトを除外しきることができずに苦しんでいます。

 

被リンクサイトを増やしてIP分散を行っても、
大量になればなるほど自分でチェックしきれなくなる懸念を持つ方もいるでしょう。

 

しかし、IP分散サーバーを提供しているほとんどの業者では、
管理しやすいツールをサービスしています。

 

むしろ、IP分散サーバーを利用して便利なツールを使ったほうが、
効率よくSEO対策を図れるでしょう。