ip分散する方法

IP分散の原理は、サイトごとに付加したIPが同一にならないようにすることです。
無料のブログサービスなどを利用して同一アカウントで作ったサイトには、
共通のIPアドレスが割り当てられます。

 

しかし、ASPを変えてブログを作れば、
IPアドレスが分散されるようになります。

 

これを利用して被リンクサイトに異なるIPアドレスをつけていくというのが、
IP分散の基本です。

 

ただし、ASPの契約を増やしてIPを分散させる方法は、
非常に手間がかかります。

 

中には下請けに頼んでブログの量産を図っているアフィリエイト業者もいますが、
そうしたコストをかけるほどの効果があるのかにも疑問が残ります。

 

同じコストをかけるのであれば、効率よく確実なIP分散ができたほうがいいですね。
そのためにはIP分散サーバーを利用するのが、便利です。

 

 

IP分散サーバーを用いれば、システム上でIPの分散が可能です。
下請けに頼んで報告が上がったものをまとめるより、
自分の目で全てを一括管理できるツールが揃っているのも利用価値が高いのです。

 

料金も格安になってきており、
アウトソーシングに出す費用と大差ないことがわかるでしょう。

 

国内IPアドレスを利用するのも海外IPアドレスを利用するのも選択が自由ですから、
SEO対策の効果を実測しやすいともいえます。

 

 

 

ip分散サーバーでワードプレスで作成するとseo効果が高い

無料でブログを量産しようと思ったときに、
WordPress(ワードプレス)の利用を検討する人は多いでしょう。

 

実際、自由なカスタマイズ性が好まれて、
非常に多くのブログがワードプレスを活用して作成されています。

 

ビジネス用にもプライベート用にも、便利に活用できるのも魅力です。

 

また、無料でダウンロードできる点も人気の理由ではないでしょうか。

 

ip分散サーバーを使ってSEO対策を行うときの注意点として、
ブログをはじめとしたサイトの構成に適応するかどうかがあります。

 

せっかくip分散サーバーの利用を申し込んだのに、
ワードプレスで作ったブログには対応していないとなったら大失敗です。

 

最近ではip分散サーバーが普及してきたこともあって、
ワードプレスに対応している業者も多くなってきました。

 

もちろん、ワードプレスが一般に広く普及している
ブログ作成ツールである点も影響しているはずです。

 

ip分散サーバーを選ぶときには、ワードプレスはもちろん、
MovableType、XOOPS、ECcubeなど、
各種CMSの動作が確認されている業者にすることをおすすめします。

 

ワードプレス対応と謳っていても、動作が緩慢では困ってしまいます。
実際に利用している人の口コミなども参考に、
動作に問題のないワードプレス対応のip分散サーバーを探してみてはいかがでしょうか。