ip分散サーバーの123サーバー

123サーバーは、IP分散サーバーを専門に扱
うレンタルサーバー業者の中でも最大手といわれています。

 

すでに実績は9万件以上にもおよび、
多くのユーザーから選ばれているIP分散サーバーなのです。

 

数多くのプランが用意されており、
リーズナブルな価格設定なので、
初心者にも安心して利用できます。

 

 

123サーバーでは、
国内分散サーバーで最大300サーバー、
世界分散サーバーで最大200社のサーバーを利用することが可能です。

 

国内IPではクラスC以上、世界IPではクラスB以上が対象です。

 

複数のドメインを活用して、より高いSEO効果を図りたい場合には、
マルチドメインプランを選択することもできます。

 

複数のサーバーを一元管理できたり、
ドメインの一括登録や一括削除が簡単にできるなど、
取り扱いがスムーズなのもメリットの一つです。

 

より高度なサービスを手軽に利用できるのが魅力の123サーバーですが、
その割にリーズナブルなのも喜ばれています。

 

国内サーバーは一般に利用料金が高く設定されているものですが、
123サーバーでは月額400円からの利用が可能です。

 

国内分散、世界分散に加えて
123サーバーを合わせると全部で1500IPも分散できるので、
複数の業者と契約する必要もなくなりそうですね。

 

わからない点があれば、
専属サポートスタッフが対応してくれます。

 

 

 

ip分散サーバーの国内分散サーバー

IP分散サーバーを利用している人は、
国内分散派と海外分散派に分かれます。

 

それぞれにメリットがあるので、
都合に合わせて使い分けてみるとよいでしょう。

 

国内分散サーバーのメリットといえば、
データセンターが国内にあることにより有事の対応が迅速という点です。

 

もちろん最近では海外サーバーでも速急な対応をしてもらえますが、
国内スタッフから海外スタッフへの連絡という過程が増えるのは否めません。

 

その点、国内のデータセンターにサーバーを置いている業者であれば、
安心感が高いですね。

 

 

海外IPよりは国内分散サーバーのほうが若干割高になりますが、
安心料と思えば大差はありません。

 

海外分散サーバーの最大のメリットは、
格安の料金にあります。

 

 

国内分散サーバーと比べたら、
1IPにつき数百円の開きが出ることも珍しくはありません。

 

 

海外のサーバーを利用することに不安を感じる人もいるかもしれませんが、
最近ではサポートも充実させている業者が増えています。

 

できるだけ有名な海外のデータセンターと提携している
レンタルサーバー業者を選ぶようにすれば、
リスクも低くなるはずです。

 

 

SEO対策をするにあたって、
IP分散は高い有効性を持っているといわれます。

 

なるべくリスクを少なく対策を図りたいと考えるなら、
国内分散サーバーがおすすめです。

 

 

 

ip分散サーバーの世界分散サーバー

海外分散サーバーあるいは世界分散サーバーと呼ばれているのは、
IP分散するサーバーが国外のデータセンターに置かれているサービスです。

 

国内のレンタルサーバー業者が外国のデータセンターと提携して、
サービスを提供しているケースがほとんどです。

 

もちろん、語学力に自信があれば、
独自に海外のレンタルサーバー業者と契約して海外IP分散を行う方法もあります。

 

データセンターが国外にあると、
何かトラブルが発生したときに
迅速な対応をしてもらえないのではないかという心配があります。

 

しかし、ネットワークが進化した最近では、
24時間365日対応での有人監視を保障してくれている業者ばかりです。

 

実際に有人監視を行っているのは現地スタッフですが、
きちんと実績のあるデータセンターを利用している
国内の業者であれば間違いないでしょう。

 

逆に、ずさんな管理が行われていそうな
データセンターと提携している業者は、
いくら利用料金が安くても契約を避けておくのが無難です。

 

料金やリスクの問題が解決されれば、
後は国内IPの利用と海外IPの利用とで
どちらが高い効果を得られるかが決め手になるでしょう。

 

 

多くのレンタルサーバー業者では、お試し期間を設けています。
世界分散サーバーが向いているかどうかは、
実際に使ってみて判断することをおすすめします。