IP分散でよくいわれるクラスCとは、どのようなIPのグループのことなのでしょうか。IPアドレスには、AからDまでのクラスがあります。例えば、「203.83.243.76」といったIPアドレスであれば、3つめの「243」のところまでがクラスCです。無料ブログなどを開設する場合には、このCクラスまでの部分が他のブログと共通で、Dクラスの部分の数字が変わることでオリジナルのサイトで生まれることになります...

GoogleやYahoo!などの検索アルゴリズムは、日々進化しています。特に近年膨大に増えた内容が薄い類似アフィリエイトサイトは、検索結果の上位表示が懸念されています。ユーザーにとってもっと有益なサイトが、検索下位になってしまう可能性が高いからです。検索をしたユーザーが満足のいく結果を得られなければ、その検索サイトは見捨てられてしまうでしょう。それでは、検索サイトもビジネスが成り立ちません。慈善事...

誰もが簡単にブログやWEBサイトを作れる時代となり、検索サイトで調べものをしようと思っても目的の結果をなかなか得られないというストレスが増えるようになりました。そもそも検索結果の上位に表示されるには、検索キーワードに関する内容で多くのユーザーから支持されている実績が必要なのです。その実績を測る基準となるのが、被リンク数です。他のサイトから被リンクを張られておすすめされているほど、評価の高いサイトで...

IP分散の原理は、サイトごとに付加したIPが同一にならないようにすることです。無料のブログサービスなどを利用して同一アカウントで作ったサイトには、共通のIPアドレスが割り当てられます。しかし、ASPを変えてブログを作れば、IPアドレスが分散されるようになります。これを利用して被リンクサイトに異なるIPアドレスをつけていくというのが、IP分散の基本です。ただし、ASPの契約を増やしてIPを分散させる...

すでに、IP分散の効果を感じている人は増えつつあるようです。これまでのSEO対策と同じように、誰もが高い効果を簡単に実感できるとは限りません。しかし、正しい方法でIP分散をすることで効果が上がり、また現在の検索アルゴリズムに対応するにはIP分散が欠かせないことがわかるはずです。Googleでは、クラスC以上のIPアドレスが分散されたサイト以外は、同一IPによるサイトとみなされてしまう危険があります...

レンタルサーバーには、海外にあるサーバーセンターのサーバーを利用している場合と国内のサーバーを利用している場合があるのをご存知でしょうか。海外のサーバーを利用するメリットは、その安さにあります。安いということは、ip分散サーバーのようにipアドレスの数を増やしたいときには助かります。ip分散サーバーを扱っている業者でも、海外のサーバーなら1000ip程度まで格安で利用できるところが増えています。海...