レンタルサーバーのip分散の必要性

レンタルサーバーの選び方として、ip分散数(最大値)があります。
SEO対策(検索エンジン最適化)は複雑化しており、誰でも行えるテクではほとんど効果が期待できなくなっています。

 

ip分散をするときは、クラスCレベル以上でないと効果が出ないため、
レンタルサーバーを選ぶときは「クラスCレベルに対応しているか?」
「分散可能なサーバー数と単価」「アドレスは自分で選べるのか?」などもチェックするべきでしょう。

 

ip分散を自動化してくれるサーバーならば、効果的にSEO対策が行えるため、効率よくアクセスを集めることができます。
複数サーバーを1つのアカウントで処理できるタイプならば、時間をかけずにSEO効果を高めることが可能です。

 

被リンクによるSEO効果を高めるためには、レンタルサーバーのip分散が必須となります。
Cレベル以上の対策をしているサーバーは、Googleで検索順位を高めるために役立ちます。

 

どんなに料金が安くても、SEO効果が弱いサーバーはコストパフォーマンスは低くなります。
複数のipを利用する場合は、単価(1ipあたり)を確認しておきましょう。

 

レンタルサーバー選びでは、分散数が増えるほど単価比較が必要になります。
比較するときは、バックアップ体制、データ管理機能、サポート力、国内・海外ipの単価など、同じ条件で比べていきます。
同機能ならばなるべく安く、同料金ならば機能の高いものを選んでいきます。

 

 

 

 

 

実現力No.1レンタルサーバー【CPI】

 

【共用サーバー(シェアードプラン)】(ACE01)

 

『ディスク容量“無制限”』 『DB “無制限”』
『マルチドメイン“無制限”』 『メールアドレス“無制限”』 と
気になるスペックは全て“無制限”で月額3,800円(税別)の
コストパフォーマンス抜群の人気の共用サーバーです。
複数のサイトを運営されているサイトオーナーや複数のクライアントを
抱えるWeb制作会社のプロの方々にも好評のレンタルサーバー。

 

■特長
・無制限(ディスク容量、DB、マルチドメイン、メールアドレス、etc)
・マルチドメイン毎にIPアドレス付与
・CMSのサイトも作り放題
・SLA(品質保証制度)稼働率100%保証
・安定した通信を保証する100Gbps バックボーン

 

【独自開発の“ SmartRelease” 機能をご利用の場合】
・手動・自動バックアップシステム
・無料テストサーバー
・テストサーバーからのワンクリックリリース

 

 

【専用サーバー(マネージドプラン/ハイブリッドプラン)】(CHM01~CHM03/CHP01~CHP03/CHV01~CHV03)

 

SSD搭載!バックアップ標準装備!
高性能なハードウェアと高機能のソフトウェア、
さらにきめ細かいサポートで最適で快適なインフラ環境を構築します。

 

■特長
・SSDによる高速ディスクI/O
・KDDIによる高速バックボーン
・外部バックアップサービス
・セキュリティ対策