レンタルサーバーを初心者向けタイプから選ぼう

ホームページ制作をはじめてする方は、レンタルサーバーは初心者向けを選ぶといいでしょう。
初心者の場合、最低限の機能があれば問題ないので、月額料金の高いものを選ぶ必要はありません。

 

では、どのようなレンタルサーバーがいいかというと、制作用マニュアルが用意されていて、1からページ作成をできるものです。
ゴチャゴチャした複雑な機能は不要であり、
初心者向け機能、WordPressのインストール、HTMLの基本スキルの習得といった基礎機能があれば問題ありません。
実際にマニュアルを読んでみて、説明がわかりにくいと思ったら、
そのレンタルサーバー自体も初心者向けではないと考えていいでしょう。

 

 

 

 

レンタルサーバーの月額料金の目安としては500円以下、容量は100Gもあれば問題ないでしょう。
ハイスペックのサーバーは、ホームページ制作に慣れてから乗り換えても遅くはありません。
気になるサーバーがあったら、まずは無料レンタルで試してみるといいでしょう。

 

 

レンタルサーバーには初心者向けのタイプが多くありますが、相性のよい・悪いがあるため、
口コミでは高評価でも自分にとっては使いにくいことも多々あります。
マニュアルは専門用語から学習できるタイプが好ましいです。

 

はじめてホームページを制作する際は、わからない用語もたくさん登場しますので、マニュアルを使って覚えていきます。
また、ホームページ作成の流れもわかりやすいものがベストです。
最初はマニュアルを見ながら作成するしかないので、マニュアルがわかりにくいだけで作業が進まなくなります。