レンタルサーバーvpsはここがおすすめ

共用サーバーだけでなく、専用サーバーとしても利用できるvpsは、今話題のレンタルサーバーです。
専用サーバーよりも圧倒的に安く、OSやアプリケーションに干渉されないのが利点なのです。
構築に長時間を要する専用サーバーは、導入費用は高くつきますので、利益が安定していなければおすすめできません。

 

それに対してvpsは、専用サーバーに近い高機能を月1,000円くらいで実現できてしまうのです。
この価格は共用サーバーと大差のないものです。

 

 

レンタルサーバー中級以上ならば、設定・管理はある程度行えるでしょうから、
「専用サーバーを導入したいけどお金がない」という方はvpsを検討してみましょう。
カスタマイズのバリエーションも豊富であり、質の高いホームページ構築が可能となります。

 

 

専用サーバーと比べたvpsの料金体制は、初期費用が安価もしくは無料で、
月額費用も5分の1くらいであり、とにかく安く導入したい方におすすめです。
運用のイメージとしては、仮想化マシンのレンタルサーバーです。

 

レンタルサーバーを比較するときは、総合力で判断するようにしましょう。
ネットランキング、おすすめ度、使いやすさ、安定性、コスパ、メモリ容量などを総合的に判断して決めるべきです。
ユーザー層で選ぶ場合は、実際に使用してから決めるのが好ましいです。

 

vpsは専用サーバーに近い性能を格安で得られる点はおすすめですが、使いこなせなければ宝の持ち腐れとなります。

 

月額980円からのハイスペックVPS 【GMOクラウドのVPS】

 

 

 

低価格なのにハイスペック。VPS初心者もすぐに使えるパッケージ型!
複数サイト運営としてWeb制作会社に、プログラム開発検証としてシステム開発会社に選ばれています!

 

・全プラン15日間無料お試しサービス付!
・月額980円~/HDD100~800GB/メモリ2~12GB/CPU仮想3~7コア
・9種類から選べるOS(CentOS/WindowsServer/Ubuntu/Debian/CloudLinux)
・わかりやすいと評判のオリジナル管理ツール
・人気のコントロールパネルPleskは国内最安級787円
・WordPress、MovableTypeなど338種類のアプリを簡単インストールできるPleskあり
・物理サーバー障害時のオートフェイルオーバー標準装備
・KVMを採用し高パフォーマンスを実現