さくらのVPSサーバー

さくらインターネットといえば、レンタルサーバー業者の老舗です。
費用が安い、使いやすいことで人気のサーバー会社なのです。
さくらインターネットでも専用サーバーのレンタルを扱っていますが、一番低コストのコースでも初期費用は8万円ほどです。
ある程度の規模があり、将来にかけることができるビジネスを行っていないと、この費用は支払えませんよね。
しかも、毎月の使用料に8,000円ほどかかるため、ちょっと計算しただけで首を振ってしまう人も多いのではないでしょうか。

 

専用サーバーには強い魅力がありますが、ビジネスが軌道に乗っている、専用サーバーを使う必要性があるなどでもない限り、なかなか手が出ないツールです。
その点、さくらインターネットでも扱っているVPSサーバーは、初期費用が無料です。
ましてや、毎月の使用料が980円だと知ったら、飛びつきたくなりませんか?
もっと安い費用でサービスを提供している業者もありますが、さくらインターネットの業績を見ると安心感があります。
専用サーバーほどの性能は必要ないと感じたら、一度VPSサーバーを試してみてはいかがでしょうか。

 

他のユーザーと共用する部分があるため、専用サーバーよりは性能が劣るといわれるVPSサーバーですが、よほどの大企業サイトでもない限りは専用サーバー級のスペックは不要なことが多いものです。

 

 

 

さくらのVPSサーバー登録
さくらインターネットで提供しているVPSサーバーは、「さくらのVPS」と名付けられています。
専用サーバーと共用サーバーの良いところをつかんでいるので、中間どころのサービスを利用したい人にはピッタリです。
レンタルサーバーや無料ブログの有料サービスなどを利用している方は、検討してみてはいかがでしょうか。
それらの共用サーバーでは、プラスアルファで有料オプションをつけても物足りないと感じる面がありがちです。
その点、VPSサーバーの自由な機能性は、はるかに上回っています。

 

さらに嬉しいのは、VPSサーバーの費用の安さです。
さくらVPSでは、月々の支払いが980円という低価格。
無料のお試し期間も2週間あるので、VPSサーバーがどのようなものか使ってみたいという初心者にもおすすめです。
初期費用は無料、まずはクレジットカードの登録で、お試し期間が始まります。

 

さくらVPSの契約によって、Root権限を所有できます。
構築ですら好きなように行えるので、仮想ですが文字通り専用サーバーのように使用が可能になるのです。
ユーザーからの口コミでは、さくらVPSの管理画面のシンプルさに定評が集まっています。
OSはインストール済みですから、スタートボタンさえ押せばVPSサーバーを簡単に使えるようになっています。

 

 

 

さくらVPSの管理画面はシンプルで使いやすいと評判ですが、WinSCPなどのソフトを使ってみるのも便利です。
ただし、いずれにしても不正アクセス対策は過剰なほどに注意しておくようにしましょう。
パスワードの変更は義務だという認識を持ち、不審者が侵入しないように対策しなければなりません。
最近では大手企業でも不正アクセスによる問題が発覚することがありますが、ユーザーに原因がないとは言い切れない部分もあります。
独り一人のユーザーがセキュリティをしっかり行っていれば、不正アクセスは防ぐことができるのです。

 

さくらVPSでは、使用中の負荷が一目でわかるようになっています。
カスタマイズでどのくらいの負荷がかかっているかを確認しながら使用できるのは、安心です。
少し余裕を持って使っておけば、全体的に重さを感じずに仕事を進めることができるでしょう。

 

一般的な共用サーバーを使用していた場合、VPSサーバーへの切り替えでサーバー構築の基礎知識が必要になることもあります。
使い慣れれば簡単ですし、そのためのサポートもありますから、まずは試してみるとよいのではないでしょうか。
2週間のお試し期間が設けられているさくらVPSは、その意味でも初心者にやさしいVPSサーバーといえるでしょう。