VPSサーバーと専用サーバーの違い

ひと口にサーバーといっても共用サーバー、仮想化されたVPSサーバー、専用サーバーといろいろ種類があります。
それぞれの違いは、どのような点にあるのでしょうか。

 

まず共用サーバーは、一般的なレンタルサーバーを指します。
1台のサーバーを複数の人で共有するため、VPSサーバーもある意味共用サーバーといえます。
しかし一般的な共用サーバーでは、ユーザーが占有できるのがハードディスクのみです。
そのため、サーバーを自由にカスタマイズすることはできず、機能を増やしたり容量を追加したりするのは無理なのです。
そのぶん共用サーバーのレンタル費用は格安で、コストを抑えたいときには最適です。
月々数百円でレンタルできるなら、積極的に共用サーバーを利用したいところです。
中には無料のレンタルサーバーもあり、個人で利用している人も多いでしょう。
個人で使用する範囲なら、機能において不自由することはあまりないはずです。
ホームページやブログなど、大いに活躍してくれます。

 

ビジネスでの利用となると、他人と共用しているサーバーだけにやや性能が落ちてしまうかもしれません。
とはいっても、好みのカスタマイズやバージョンアップもできるVPSサーバーは、利用価値大です。
OS、アプリケーション、ハードディスクも、個々のユーザーが独占的に使用できるのは助かります。