VPSサーバーは共用サーバー?

日本語で「仮想専用サーバー」を意味するVPSサーバーは、実在する1台の専用サーバーから複数の仮想サーバーをつなげることができる仕組みです。
たった1台のサーバーなのに複数の人が使うこともできるので、コストを節約するにも便利です。
何かとメリットの多いVPSサーバーは最近注目度が高まり、レンタルサーバー業者がサービスを展開しています。
レンタルなので気軽に始めることができ、費用も経済的です。
すでにいろいろな業者がレンタルサービスを開始しているので、利用してみませんか?

 

仮想専用サーバーという名のVPSサーバーですが、共用サーバーと考えることもできます。
というのも、複数のユーザーが1台のサーバーを共用することになるからです。
仮想専用でも、共用ができるサーバーというわけです。
他の人と共用していても、自分専用であるかのように使用できるのもVPSサーバーの特徴です。
回線やマシーン自体は何人もの人で共用しているのに、不思議ですね。
ただし、複数の人が共用していることからくるデメリットもあります。
それは、実際に何台ものサーバーが動作しているより処理能力が落ちるという点です。

 

共用サーバーの側面を持ったVPSサーバーですが、レンタルサーバーが共用サーバーと呼ばれることから、区別のために仮想専用サーバーをVPSサーバーと呼んでいるという説もあります。