専用サーバーのメリットは、何もかも自由に機能を使える点です。ハードディスクを増やしたり、メモリを使ってのアクセスも可能です。ただし、自由度が高いぶん、費用が高いのが難点です。毎月1万円程度の費用は、見ておくことになるでしょう。もちろん、安定した企業なら、このくらいの出費は取るに足らないことかもしれません。逆に考えると、規模の小さな事業を行っている会社であれば、専用サーバーほどの機能は不要かもしれな...

日本語で「仮想専用サーバー」を意味するVPSサーバーは、実在する1台の専用サーバーから複数の仮想サーバーをつなげることができる仕組みです。たった1台のサーバーなのに複数の人が使うこともできるので、コストを節約するにも便利です。何かとメリットの多いVPSサーバーは最近注目度が高まり、レンタルサーバー業者がサービスを展開しています。レンタルなので気軽に始めることができ、費用も経済的です。すでにいろいろ...

ひと口にサーバーといっても共用サーバー、仮想化されたVPSサーバー、専用サーバーといろいろ種類があります。それぞれの違いは、どのような点にあるのでしょうか。まず共用サーバーは、一般的なレンタルサーバーを指します。1台のサーバーを複数の人で共有するため、VPSサーバーもある意味共用サーバーといえます。しかし一般的な共用サーバーでは、ユーザーが占有できるのがハードディスクのみです。そのため、サーバーを...

個人でブログを持っている人も、無料のレンタルサーバーを利用している人が多いでしょう。コミュニティサイトでブログを開設できるようになっている場合でも、いわば無料のサーバーレンタルをしているようなものです。インターネットが登場した初期から比べると驚くほど、多くの企業やお店、個人がサイトやブログを開設するのが当たり前の時代になりました。そのため需要が増加してきたのが、サーバーの存在です。大企業のサイトな...

近ごろ注目されてきているVPSサーバー、使ってみたいと思っている方も多いのではないでしょうか。共用サーバーからの乗換えを検討している方が懸念しているのは、機能性の問題でしょう。料金は一般的な共用サーバーと大差ないVPSサーバーですから、あとは機能が充実していれば問題ありませんね。それを確かめるためにレンタル業者で設けているのが、トライアル期間です。いわばお試し期間で、使ってみて相性が悪いと感じたら...

さくらインターネットといえば、レンタルサーバー業者の老舗です。費用が安い、使いやすいことで人気のサーバー会社なのです。さくらインターネットでも専用サーバーのレンタルを扱っていますが、一番低コストのコースでも初期費用は8万円ほどです。ある程度の規模があり、将来にかけることができるビジネスを行っていないと、この費用は支払えませんよね。しかも、毎月の使用料に8,000円ほどかかるため、ちょっと計算しただ...

企業サイトの運営に関わっている人でなくとも、個人でブログを持っていたり小規模なサイトを管理している人はたくさんいる時代です。無料のレンタルブログを利用したり、低費用でレンタルサーバーを借りている人もいるでしょう。そうした共用サーバーも便利ですが、どこか使い勝手の悪さを感じている人が多いのも事実です。VPSサーバーは、共用サーバーの低費用な面を継続しながら、専用サーバーに近い自由な機能性を追求した仮...

ビジネスでのVPSサーバー利用で他より一歩抜きん出たいと考えている方には、「speever」がおすすめです。まだまだ知名度が低いVPSサーバーですが、ビジネス面での機能性は抜群です。さくらVPSやDTIが広く知られているのは、個人ユーザー向けでもあったという理由があります。ビジネス一本やりでVPSサーバーを本格的に使いたいという方は、試してみてはいかがでしょうか。speeverは、マルチドメイン対...