レンタルサーバーのip分散はなぜ大切

ホームページ運営では、いかにしてアクセスを集めるかが重要となりますね。

 

「アクセスのないページは、ないも同然」と言われるように、訪問者が0なら顧客がつくはずはありません。

 

効果的にアクセスアップをするためには、SEO対策が必要となりますので、最大分散数の多いip分散を導入しているレンタルサーバーを選ばれるといいでしょう。

 

対応サーバー数、自己選択の可否、海外サーバーへの適用などもチェックしておいてください。

 

また、バックアップ制度が充実したものを選び、もしもの事態に備えましょう。

 

ip分散はクラスCレベル以上とすることで、相互・被リンクがより効果的となります。

 

最近の検索エンジンは賢くなっていますので、初歩的なSEO対策は通用しません。

 

ip分散可能なレンタルサーバーは、自主的に分散する必要がありませんので、SEO対策の手間を大幅に省くことができますよ。

 

節約した時間はホームページ制作に回せるので、コンテンツの充実を図ることが可能でしょう。

 

GoogleでのSEO対策では、被リンクの効果を上げるために必須となるのがCレベル以上の分散です。

 

A・Bレベルだと効果が弱く、上位表示させることはできません。

 

レンタルサーバーを選ぶときは、「Cレベル以上のip分散が可能かどうか」が決めてとなりますね。

 

そのほか、着目したい点には単価(1ipあたり)、国内・海外ipの単価などもあり、レンタルサーバーをip分散で選ぶときの比較ポイントとなります。

 

 

 

マルチドメイン毎にIPアドレス付与 格安のIP分散ができます

 

 

【共用サーバー(シェアードプラン)】(ACE01)

 

『ディスク容量“無制限”』 『DB “無制限”』
『マルチドメイン“無制限”』 『メールアドレス“無制限”』 と
気になるスペックは全て“無制限”で月額3,800円(税別)の
コストパフォーマンス抜群の人気の共用サーバーです。

 

複数のサイトを運営されているサイトオーナーや複数のクライアントを
抱えるWeb制作会社のプロの方々にも好評のレンタルサーバー。

 

■特長
・無制限(ディスク容量、DB、マルチドメイン、メールアドレス、etc)
マルチドメイン毎にIPアドレス付与
・CMSのサイトも作り放題
・SLA(品質保証制度)稼働率100%保証
・安定した通信を保証する100Gbps バックボーン

 

【独自開発の“ SmartRelease” 機能をご利用の場合】
・手動・自動バックアップシステム
・無料テストサーバー
・テストサーバーからのワンクリックリリース

 

 

【専用サーバー(マネージドプラン/ハイブリッドプラン)】(CHM01~CHM03/CHP01~CHP03/CHV01~CHV03)

 

SSD搭載!バックアップ標準装備!
高性能なハードウェアと高機能のソフトウェア、
さらにきめ細かいサポートで最適で快適なインフラ環境を構築します。

 

■特長
・SSDによる高速ディスクI/O
・KDDIによる高速バックボーン
・外部バックアップサービス
・セキュリティ対策